日記

台北旅行2日目 〜九份観光と士林夜市リベンジ〜

九份の豎崎路

台北旅行の2日目は、主に九份の観光と台北駅の探索、そして士林夜市へのリベンジ(何がリベンジなのかは後述w)をしてきました。

グリーンワールド新仕界のバイキング

グリーンワールド新仕界のバイキング

僕は普段は朝ごはんは食べないのですが、バイキングの朝食が付いていたのでメニューを少しずつ食べてきました。こういう現地の食べ物を体験できるのは意外といいですね! ただ、お粥の具は味にちょっと癖があって微妙だったかな。

九份

台北の市街地から少し離れますが、この九份(ジウフェン。最近は漢字っぽく「きゅうふん」と言っても通じるらしい)は台北の観光場所としては人気のようです。台北駅からの距離は30kmほどで移動時間は1時間半ほど掛かるものの、費用は電車とバスで片道59元(約240円)しか掛かりません。

九份からの眺め

幸いにも天気が良く、海も含め綺麗な景色を見られました。

九份の入り口

セブンイレブンの横に入口があります。ちなみに台北にはセブンイレブンとファミリーマートがたくさんあります。たくさんあり過ぎて待ち合わせ場所には向かないほどですw

九份の基山街

道はこんな感じで、左右に店が並んでいます。日本人と分かると日本語で勧誘してくる人も多いです。

九份の豎崎路

「千と千尋の神隠し」の舞台のモデルとなったとも言われていますが、僕は見たことが無いのでよく分かりません(苦笑)

阿柑姨芋圓の芋圓

ここでは写真の阿柑姨芋圓の芋圓(ユーユェン)の他、タロイモの団子や草餅、ピーナッツのクレープを食べました。芋圓は夏はかき氷の上に乗せ、冬はお汁粉の中に入れるのですが、気温が25℃くらいあったのでかき氷乗せで食べましたw(ほとんどの人がそうしていました。)

台北駅

台北駅の外観

九份から帰ってきて、台北駅を探索しました。

台北駅のホール

建物の中は結構広く、2階にはフードコートがあって台北夜市と呼ばれているみたいです。ただ、少し見た感じでは士林夜市よりもだいぶ値段が高かったです。

台鐵便當本舖の駅弁

ここで気になったのが台鐵便當本舖の駅弁。大きな肉や卵が入って80元(約320円)とお安く、味も癖が無くて日本のものと変わらない感じでした。

紅玉満赤心鶏蛋糕のベビーカステラ

紅玉満赤心鶏蛋糕のベビーカステラも買いました。こちらはインスタ映えするお菓子として若者に人気なんだとか。

寧夏夜市

寧夏夜市

台北駅から歩いて行けるところにも夜市がありましたが、こちらは今回は通り抜けただけでした。士林夜市と比べると規模は小さく、ほぼ一本道です。

士林夜市(2回目)

寧夏夜市を通り抜けてどこへ行ったのかというと、昨日も訪れた士林夜市ですw 実は狙っていた食べ物があったのですが、昨日は売り切れだったのでリベンジです!

50嵐のジャンボタピオカミルクティー

…とその前に、50嵐でタピオカをチャージw

現烤蛋糕

お目当ては源味本鋪のカステラ。焼きたての大きなカステラを10等分して販売しています。

源味本鋪のオリジナルケーキ

できたてアツアツをその場でいただきました。これで90元(約360円)とコスパも良く、母親は台北に来るたびに食べているんだとか。1/3くらいを食べて、残りはホテルに持ち帰って食べました。

阿亮麺線の麺線

他にも麺線や胡椒餅を食べ、この日も満腹で終わりましたとさ。別腹があと2つ3つ欲しいw 最終日は台北101に行ってきましたので、また明日書いていきたいと思いますそれでは!